熊本城野鳥園の秋

  • 2017.11.20 Monday
  • 08:00

11月19日 熊本城野鳥園へ。

気紛れに冬将軍が熊本にお立ち寄り下されたのか、

昨日と打って変わった風の冷たさに震え上がった。

法華坂左手の樹々の中からイカルを始めジョウビタキやヒヨドリの声が

賑やかに聞こえてくる。

熊本野鳥園には鳥たちが好む実の生る樹が沢山植えられている。

ヒサカキ、エノキ、ムクノキ、ハゼノキ、センダン、トウカエデ、などなど。

冬場の餌調達に近郊の野鳥が大挙して押し寄せたとしても

この野鳥園で充分賄えるのではないだろうか。

 

ヒサカキにジョウビタキ

ヒサカキ ジョウビタキ

 

ジョウビタキ♀

ようやく差し込んだ陽差しを浴びてぷっくり膨らんだ姿 かわぃぃ!

ジョウビタキ2

 

ムクノキにイカル

ムクノキイカル

 

ハゼノキ ウルシ科ウルシ属 

この実は特に沢山の鳥(メジロ、ジョウビタキ、ヤマガラ、シロハラ、ツグミ、

イカル、ムクドリ)に好まれているらしい。

ハゼの実

 

ニシキギ(錦木)ニシキギ科ニシキギ属

名の通り紅葉の色の鮮やかさから付いた。 世界三大紅葉樹に数えられている。

ニシキギ

 

ニシキギ2

 

イロハモミジ

イロハモミジ

 

トウカエデ(唐楓) ムクロジ科

県立美術館前にあるこの木がその年の周辺の紅葉のバロメーターになっている。

今年は近年になく鮮やかに染まった。

トウカエデ

トウカエデの翼果

トウカエデの実

今日も江津湖へ

  • 2017.11.19 Sunday
  • 09:00

11月15日

風もなく穏やかに晴れたので植物の会の友と連れ立って出かけた。

友は蒸気霧を見たいと言っていたが気温も時間も蒸気霧にはまだ早い。

冬鳥も紅葉もいまいちだったが穏やかな日差しの中の江津湖散歩は

幸せ気分でいっぱいにしてくれた。

 

ハゼノキ (櫨の木)ウルシ科ウルシ属

 幼い頃江津湖の近くに住んでいたという友の話ではボートハウス側の湖畔には

このハゼノキが沢山植えられていたそうだ。

ハゼ 

 

ダイサギ

ダイサギ

 

クロコノマチョウ

一見木の葉と見紛うほどの地味な蝶だが飛んでいる姿はダイナミックだ。

クロコノマチョウ

 

キタテハ

キタテハ

 

アカタテハ

アカタテハ

 

カワセミ 

図書館寄りの撮影ポイントで、今日はギャラリーはゼロだった。

カワセミ

 

「水際の飛ぶ宝石」氏、日頃はダンディで観客の目を惹きつけているが、

今日はギャラリーゼロ で気を抜いたか・・。

「耳かゆい!!」の仕草がおっさん臭くて笑えた。 

かわせみ

 

 

ご城下秋の道草

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 16:10

 

観光客の多い肥後の國では人目につくような場所の草は少し繁ってくると

きれいに刈り払われてしまう。

だが、神社仏閣が立ち並ぶ横手の入り組んだ細道には野の草花がひっそりと、

季を間違えずに自然な姿を見せてくれるのだ。

 

シロノセンダングサ(白の栴檀草)キク科センダングサ属

コセンダングサの変種で世界の熱帯から暖帯に広く分布。

日本には幕末に渡来、本州中部以西に帰化している。

シロノセンダングサ

 

キタキチョウ

キタキチョウ

 

オトコエシ(男郎花)オミナエシ科

オトコエシ

 

タンキリマメ(痰切豆)マメ科

横手の高台の住宅地から下った細い路地で思いがけず真っ赤な莢と黒光りする種が

数え切れないほど下がっているのに出会った。

周りにヤツデの花が咲き、ツワブキの黄色の点在する中に立っていると

じんわり、地味に感動が広がっていくのを感じる。

タンキリマメ

 

丸く切り取られた葉っぱはどこに運ばれたのだろう。

ハキリバチの巣 で検索するとハキリバチの巣がどこに作られるのか、

その巣はどんな形をしているかが見られるブログが色々あるので

ぜひ探して見ていただきたい。

ハキリバチ

上江津湖 冬鳥ぼちぼち

  • 2017.11.13 Monday
  • 08:30

11月10日

11月に入ってから最高気温が20℃を下回ったのは一日だけという

暖かい日が続いていた。

冬鳥が勢揃いするのはまだ先だろうと思いつつも行ってみたのだが

思った通り下江津湖寄りの方向にヒドリガモと思われる一群が見えて

いただけで、全体にぼちぼち・・までもいかないかな・・であった。

 

コガモ エクリプス

11月の江津湖はまだ夏が終わっていないように思える。

冬鳥の第一陣到着があってもエクリプスが多いので「鮮やかな色彩」が

足りないからなのだろう。

コガモ

 

ハシビロガモ エクリプス?

ハシビロガモ

 

キセキレイ

キセキレイ

 

ミヤマアカネ

この日は♂ばかりが飛んでいた。秋の総仕上げの彩り。

ミヤマアカネ

 

ヒメアカタテハ

最後の最後、と力を振り絞って咲くミゾソバを励ましているようにみえた。

ヒメアカタテハ

お散歩にゃんこ

  • 2017.11.10 Friday
  • 09:30

曇り空だったが、二の丸広場のケヤキの紅葉はいかがかと見に行くことにした。

1、夏に十分な日照時間があり、

2、適度に雨が降り、
3、秋に昼夜の寒暖差が大きくなると広葉樹の葉はきれいに紅葉するそうだ。
今年の熊本は1、は十分 2、は適度が抜けた雨量 3、10月一杯まで寒暖差が小さかった。

 為に、色鮮やかとは言えないが、一応のお務めは果たしたか・・状態の二の丸広場でした。

二の丸2

 

博物館の北側の道は車が入れないので熊本城マラソンに備えて走る人影が行き交う。

と、前からお年寄りとその脇に寄り添ったにゃんこがゆったりゆったり歩いてくる。

にゃんこは付かず離れずオジイチャンの歩調に合わせているようだ。

リードは付けていないし、見るからにノラ公といった雰囲気。

「おさんぽですかー?」

「はい」

飼い猫じゃなさそうだし、でも仲良しなんだ・・あれこれ想像した。

ほほえましく、あったか〜い風が一人と一匹の周りに流れていた。

にゃんこ1

 

にゃんこ2

 

ヒメスミレ(姫菫)スミレ科

テニスコート下から電車通りに下る道の脇で「もう、すみれが?」咲いていた。

スミレ

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM