文月の肥後の國 梅雨に入り梅雨明ける

  • 2019.07.30 Tuesday
  • 20:00

九州北部の令和元年の梅雨入りは例年になく遅かった。

梅雨入りは6月26日。この日ホトトギスの初鳴きを聞く。

 

7月7日 花岡山中腹で、ウマノスズクサ(馬の鈴草)ウマノスズクサ科

花岡山の崖際のつる植物の立て込んだ中でそっと静かに1,2輪開いているのを

見ると、ジャコウアゲハはちゃんと来てくれるだろうかと心配になる。

でもまぁ、蝶には羽があるからね、余計なお世話かな。

1ウマノスズクサ

 

7月8日

江津湖公園の植物観察会に参加。

植物は特に目新しいものが見られず盛り上がらない気分だったが(私だけ)

散会に近い時間にササゴイの姿が目に入った。

かなり遠かったが何とか一枚。虎視淡々と獲物を狙っている姿がかっこいい!

2ササゴイ

 

7月9日 横手阿蘇神社 神殿の正面から日の出を見た。

午前5時14分神社の本殿の正面から日が昇るなんてすごいなあ、と、

ふと考えた。全国どこの神社も東を向いて立っているのだろうか。

これには諸説あるらしい、天子南面すという中国の古い思想から

太陽が昇る方角に向けて建てられたからとかその他諸々、結局

崇拝対象の位置によって決まる・・・というのが本筋の様だ。

良く知りもしない素人考えであれこれ推量しても神々に失礼に当たるだけなので

この辺でやめておく。

3阿蘇神社

 

7月15日 横手花岡山で、カラスウリ(烏瓜)ウリ科

これが真っ赤に熟れた図を想像して秋までここにあってくれることを願った。

4karasuuri

 

7月18日 クサギ(臭木)シソ科

名前に反して何て清らかできれいな花なのだろう。

秋の藍色の実と赤い萼も見ごたえのある美しさだ。

この花の命名者のセンスを疑う。

クサギ

 

ヘクソカズラ(屁糞葛)アカネ科

この花も・・・クサギ同様、命名者のセンスを・・・・?

ヘクソカズラ

 

7月24日 北岡自然公園北口で ナツフジ(夏藤)マメ科

8ナツフジ
 

7月24日 梅雨が明けました。新町地蔵祭は夕方から鳴り物入りで賑わいます。

地蔵祭

 

7月30日

イソヒヨドリ ♂の若鳥

ようやく明るくなった午前6時、久しぶりにイソヒヨドリの声がマンション林を

駆け抜ける。朗々たる歌声ではなく新人たちの賑やかな鳴き交わしご挨拶といったところか。

9イソヒヨ

 

10イソヒヨ

梅雨入りは未だ 肥後の國

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 17:30

九州北部の平年の梅雨入りは6月5日。気象庁が1951年に統計を取り始めた

1951年以降もっとも遅かったのは1967年の6月22日だそうだ。

その記録から2日も過ぎた今日もまだとんと梅雨入りの気配は無いように思える。

 

 先週カメラを持たずに出て写し損なった中岳の噴煙を写すべく今日の天気を

確認してちょっと気負った気分で家を出る。

外は気温20℃。明けきらぬ中をを子育てに大忙しの燕が飛び交っている。

 

花岡山中腹から見た日の出(私のカメラの時刻では午前5時38分)

 熊本県の日の出は午前5時11分    ※画像クリックで拡大

日の出

 

中岳の噴煙 

左手の山が何という山なのか分からない。 

 

帰り路は久々に極楽坂を下ることにした。坂の上から見降ろすと転げ落ちそうな錯覚に陥る。

そろりそろりと下っている脇を軽快に駆け抜けていくご仁もいる。

 例年5月末には咲き終わっているホタルブクロの花はさすがに見られないだろうと

思っていたのだが、最後の1本がちゃんと待っていてくれた。 

ホタルブクロ キキョウ科

ホタルブクロ

 

ネムノキ マメ科

2週間ほど前から咲き始めていて、こちらも気息奄々といった感じ。

ネムノキ

花岡山に、平成最後の春を謳う

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 08:50

肥後の國の春は短い。ブログネタを拾い集めてウロウロしている間に

桜は散り、樟の若葉が目に眩しくなっている。

 

メジロ こんな風に囀る姿を見たのは初めてだ。

大抵は梅や椿とセットになって気忙しく動き回っている図柄ばかりで。

平成の春に別れを告げているのだろうか、「長兵衛、忠兵衛、長忠兵衛

ちょうべえ、ちゅうべえ、ちょうちゅうべえ」と一際にぎやかだ。

メジロ

 

ナワシロイチゴ(苗代苺)バラ科

毎年どうでもこうでも必ず登場してもらうのがこの花。何回見ても飽きません。

花の後の赤い実がまたまた私好み。鳥たちもこの苺が大好きだ。

ナワシロイチゴ

 

ノイバラ(野茨)バラ科と ホソヒラタアブ

ヒラタアブ

 

ピンクのノイバラ

ノイバラ

 

アカガネサルハムシ(赤銅猿金花虫) 

成虫はブドウやエビヅルの葉を害し幼虫は地中で根を害する悪い奴らしい。

タマムシに負けない美しい姿をした虫だがどう評価したものか。

私的には、美しかろうが害を及ぼそうが天の配剤によるものだから文句は言えない。

しかもちゃんとノブドウの葉の上にいるし。色々居て面白い・・。

4アカガネサルハムシ

 

クサイチゴ(草苺)バラ科   食べ頃まであと一息。

5クサイチゴ


シナアブラギリ(支那油桐)トウダイグサ科 中国原産

栽培されていたものが山野に野化している。

(種を絞って採った油を桐油として提灯や和紙に浸みこませ、防水用に用いたほか

塗料や印刷用の油として用いるため栽培されていた。)

6

 

ツボスミレ(坪菫)

スミレの中で咲きだすのが一番遅いようにおもう。

花岡山からの戻り道でひっそり細々ながらも20輪くらい咲いているのを見付けた。

嬉しかった。平成の終わりを飾ってくれてありがとう。

6ツボスミレ1

 

6ツボスミレ

 

6ツボスミレ

 

ハハコグサ(母子草)キク科

8ハハコグサ

 

ヤマフジ(山藤)マメ科 

そう、これの登場は、もう初夏なのだ。

令和の幕開けが迫っている。

9ヤマフジ

花岡山の四月

  • 2019.04.22 Monday
  • 14:20

熊本地震から3年が過ぎ花岡山への車道もいつも通りの道に戻ってきた。

道路脇に咲く花たちもいつも通り、何事もなかったようにちゃんと春の装いを

見せてくれている。

 

ホウチャクソウ(宝鏑草)イヌサフラン科

花岡山ほどの小さな山でも頂上付近と100m下ではどんな花でも

開花時期に3日以上のズレがある。

 日当りのいい斜面と日陰道ではさらに3〜4日の違いがあるので

私のようなきまぐれ観察者にはその日の出会いにスリルがあって倍楽しめる。

ホウチャクソウ

 

ノジスミレ 

スミレの右方向のコンクリートの隙間に蟻の巣があるらしい。

最近読んだ「したたかな植物たち」(多田多恵子著)によるとスミレの種には

白くこんもりした塊(脂肪酸)がついていてこれが蟻の大好物なので蟻は種を

巣に運びこみ甘い塊を齧りとった後は柔らかい土に放置する。

 コンクリートや石垣のの隙間によくスミレが芽を出すのは蟻が種を

運んだからなのだそうだ。そう、あるある、こんなところにスミレが・・??というのが。

 ※「したたかな植物たち」この本は実に面白かった。もっと若い時に出会いたかった。

ノジスミレ

 

ショカツサイ(諸葛采)アブラナ科 中国原産、江戸時代に鑑賞用として渡来。

大アラセイトウ

 

タツナミソウ(立浪草)

一挙に咲きだした。北斎に勝ってる・・・と思う。

タツナミソウ

 

タツナミソウ2

 

マルバウツギ(丸葉空木)ユキノシタ科

まるばうつぎ

 

ノイバラ(野茨)バラ科

noibara

 

ハクサンボク(白山木)

花は白い金平糖を寄せ集めたように愛らしい。秋にはこれまた格別愛らしい

真っ赤な実をつける。秋になったらご紹介したい。

ハクサンボク

 

キランソウ(金瘡草)シソ科

別名ジゴクノカマノフタといわれているように地面に張り付いて咲いているのだが

ここの株は周りに生えているカキドオシに日差しを遮られて上へ上へ伸びた

ものらしい、これでは地獄の罪人たちがぞろぞろ出てきてしまうではないか。 

キランソウ

花岡山春爛漫

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 08:00

4月9日 

まだ三寒四温の寒が居座っている気がするけれど花岡山の春は

花たちが日替わりで変化するので目が離せない。

今日のお目当ては先ずタツナミソウ、立浪姿が見られるか。

 

八重桜、普通の桜ソメイヨシノ、菜の花もあって。いい眺め。

八重桜

 

タツナミソウ(立浪草)シソ科

毎年群生が見られる場所の少し手前、上りの右斜面で。

今朝咲いたのだろうか。お〜〜〜〜美しい〜〜〜。

タツナミソウ

 

tatunamisou

 

ナミアゲハ 

カラスノエンドウの花の上を行ったり来たり。

ナミアゲハ

 

ミツカドネギ ヒガンバナ科ネギ属 地中海沿岸原産 帰化植物

ミツカドネギ

 

ホウチャクソウ(宝鐸草)イヌサフラン科

北岡自然公園北口石塀上で咲きだした。

4,5日後には招魂社近くの空き地に咲くのが見られるだろう、楽しみ。♡♡

ホウチャクソウ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM