一気に春!花岡山4

  • 2017.04.16 Sunday
  • 17:00

 

4月16日

今日の日中最高気温は28℃の予想となっている。

ゴールデンウィーク以降の日中の花岡山はあまり年寄り向けではない条件の

散歩道になるので(コンクリートの車道)今日あたりが最後のチャンスかなと

植物の会の友2人を誘ってタツナミソウ、マルバウツギの開花を見届けようと出かけた。

歩き出して1時間ほど、じゎ〜っと暑さが来た。南国の太陽は容赦なし!

 

ウマノアシガタ(馬の脚形) キンポウゲ科

ウマノアシガタ

 

キヅタ(木蔦)ウコギ科

花岡山の車道際の斜面にはこのキヅタ、ノイバラ、アケビ、ナワシログミがとても多い。

キヅタの実はヤツデの実にそっくりだ。

キヅタ

 

コマユミ(小檀)ニシキギ科

ニシキギによく似た花なので悩むが枝に翼がないのでコマユミであろうと・・

実が生ったら分かるのだけど・・・って素人はさらに悩む。

コマユミ

 

マルバウツギ(丸葉空木)ユキノシタ科

前回は開花した花が一つもなかった、今回もまだほとんどの株が蕾の状態で

ようやくこの一枝だけの花が見られた。

丸葉空木

 

タツナミソウ(立浪草)シソ科

一番姿のいい一本に登場願った

タツナミソウ

 

フデリンドウ(筆竜胆)リンドウ科

昨年タツナミソウの群落の中にたった一輪だけ咲いていて感動したのだが

今年もたった一輪だけ、顔を見せてくれた!! ありがとう。 綺麗だよ。

フデリンドウ

 

ハナイバナ(葉内花)ムラサキ科

先日のリベンジ、今回はムラサキ科らしさ満点に撮れたと思う。

ハナイバナ

花岡山に花散らしの雨

  • 2017.04.15 Saturday
  • 09:15

4月10日 花岡山は文字通りの花岡山となった。

4/10

 

4月15日 一天にわかに掻き曇り・・激しい花散らしの雨が通り過ぎた。

      数分の後、花岡山は輝く新緑に衣裳替えしていた。

4/15

一気に春!花岡山3

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 17:30

4月12日

2日ほど花散らしの雨が降ったが雨の思惑?は外れて花は意外にしっかりと

満開一歩手前を保っていたようだ。

 

タツナミソウ (立浪草) シソ科

去年は14日、前震の当日には押し寄せる波そのままといった風に

群落を作って咲いていたのだが、今年はまだ数えるほどしか無かった。

立浪1

この蕾は2,3日先に開くのだろうか。

立浪2

 

マルバウツギ (丸葉空木)別名ツクシウツギ ユキノシタ科

開いている花は一輪もなかった。

マルバウツギ

 

ハクサンボク (白山木)レンプククソウ科

伊豆半島以西の暖温帯の海岸沿いに咲く。

秋に赤い実がつくが花屋さんではこの実を雪下紅と呼んでいるとか。

3年前に本妙寺の裏参道に咲いているのを見たが花岡山では初めて見た。

ハクサンボク

 

ハナイバナ (葉内花) ムラサキ科

径3世曚匹両さな花。

葉に包まれて目立たない、ワスレナグサに似たこの花を見付けたら

必ず10回はシャッターを押す。それでもピント合わせは難しい。

ハナイバナ

 

アシブトハナアブ 

見た目は強面で蜂の姿をしており、羽音も半端じゃないブンブン音で小さなハナバチを

蹴散らしていて憎らしい が、実はハエの仲間で針は持っていないので恐れるに足りない。

 

オシドリとツクシスミレ

  • 2017.04.09 Sunday
  • 14:30

4月9日、日曜というのに朝から雨が・・・が、予報では曇りになっていたので

いずれ止むだろうと気にせず出かけることにした。

井芹川沿いにお城方面に向かって歩き始める。

西山中学校の校庭に沿って歩くと、目の高さに優しいピンクの蕾を付けた木があった。

幹は苔が生えていて分かりにくいのだが鹿の子模様が見える。

カリン (花梨)バラ科

 

何の気なしに井芹川の水面に目をやると ん? え? なんと!オシドリが。

植物用の小さなカメラだけだったので証拠写真程度にしか撮れなかったが

思いがけないうれしい出会いだった。たった一羽どこからおいでなされたのやら。

osidori

 

井芹川上流に向かって右折。

市電の通りを横切ってお城二の丸公園西側にあるテニスコート辺りまで出る。

道沿いの桜並木はほとんどが散り始めていた。

 

キランソウ (金瘡小草)シソ科   別名ジゴクノカマノフタ

キランソウ

 

ツクシスミレ (筑紫菫)スミレ科

今年もちゃんと咲いていた。去年の倍ほどに株が増えている。

花の後に地震が来たので刈り取られるのが遅れたのが幸いしたのだろうか。

つくし2

 

ツクシ1

 

 

 

 

一気に春!花岡山2

  • 2017.04.07 Friday
  • 11:15

4月5日

今日も穏やかな歩き日和になりそう。

花岡山は桜が満開になっているだろうかと昨日に引き続いて歩いてみた。

 

セントウソウ(仙洞草)セリ科と カテンソウ (花点草)イラクサ科

この場所にはもう少し後にハグロソウが群生する。

花岡山への車道沿いの斜面なのだが昔ながらの植生が壊されることなく次々に

花を咲かせる。地震があろうと台風が来ようと揺ぎ無い自然の力に感動する。

セントウソウ

 

クサイチゴ (草苺)バラ科

花岡山への登り口から頂上まで斜面の両脇にはこのクサイチゴが

切れ目なしに顔を見せる。日当たりのいい場所には大きな花を、

北側では小さな花が花数で勝負とでもいうように縦横に蔓延って。

クサイチゴ

 

ノイバラ (野茨)バラ科

ここだけに、この数輪だけが先駆けて花を付けていた。      

ノイバラ

 

オドリコソウ (踊子草)シソ科

今まで見たどのオドリコソウより色鮮やかな一株だった。

オドリコソウ

 

アケビ (木通)アケビ科

花岡山から熊本駅方面へ下る車道にアケビが藤の花のように房になって

下がっているところがある。

沢山の花の中にぽつぽつと一まわり大きいのが混じっているがこれは雌花だ。

アケビ

 

アケビの雄花、円内は雌花。

mebana

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM