文月の肥後の國 梅雨に入り梅雨明ける

  • 2019.07.30 Tuesday
  • 20:00

九州北部の令和元年の梅雨入りは例年になく遅かった。

梅雨入りは6月26日。この日ホトトギスの初鳴きを聞く。

 

7月7日 花岡山中腹で、ウマノスズクサ(馬の鈴草)ウマノスズクサ科

花岡山の崖際のつる植物の立て込んだ中でそっと静かに1,2輪開いているのを

見ると、ジャコウアゲハはちゃんと来てくれるだろうかと心配になる。

でもまぁ、蝶には羽があるからね、余計なお世話かな。

1ウマノスズクサ

 

7月8日

江津湖公園の植物観察会に参加。

植物は特に目新しいものが見られず盛り上がらない気分だったが(私だけ)

散会に近い時間にササゴイの姿が目に入った。

かなり遠かったが何とか一枚。虎視淡々と獲物を狙っている姿がかっこいい!

2ササゴイ

 

7月9日 横手阿蘇神社 神殿の正面から日の出を見た。

午前5時14分神社の本殿の正面から日が昇るなんてすごいなあ、と、

ふと考えた。全国どこの神社も東を向いて立っているのだろうか。

これには諸説あるらしい、天子南面すという中国の古い思想から

太陽が昇る方角に向けて建てられたからとかその他諸々、結局

崇拝対象の位置によって決まる・・・というのが本筋の様だ。

良く知りもしない素人考えであれこれ推量しても神々に失礼に当たるだけなので

この辺でやめておく。

3阿蘇神社

 

7月15日 横手花岡山で、カラスウリ(烏瓜)ウリ科

これが真っ赤に熟れた図を想像して秋までここにあってくれることを願った。

4karasuuri

 

7月18日 クサギ(臭木)シソ科

名前に反して何て清らかできれいな花なのだろう。

秋の藍色の実と赤い萼も見ごたえのある美しさだ。

この花の命名者のセンスを疑う。

クサギ

 

ヘクソカズラ(屁糞葛)アカネ科

この花も・・・クサギ同様、命名者のセンスを・・・・?

ヘクソカズラ

 

7月24日 北岡自然公園北口で ナツフジ(夏藤)マメ科

8ナツフジ
 

7月24日 梅雨が明けました。新町地蔵祭は夕方から鳴り物入りで賑わいます。

地蔵祭

 

7月30日

イソヒヨドリ ♂の若鳥

ようやく明るくなった午前6時、久しぶりにイソヒヨドリの声がマンション林を

駆け抜ける。朗々たる歌声ではなく新人たちの賑やかな鳴き交わしご挨拶といったところか。

9イソヒヨ

 

10イソヒヨ

梅雨入りは未だ 肥後の國

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 17:30

九州北部の平年の梅雨入りは6月5日。気象庁が1951年に統計を取り始めた

1951年以降もっとも遅かったのは1967年の6月22日だそうだ。

その記録から2日も過ぎた今日もまだとんと梅雨入りの気配は無いように思える。

 

 先週カメラを持たずに出て写し損なった中岳の噴煙を写すべく今日の天気を

確認してちょっと気負った気分で家を出る。

外は気温20℃。明けきらぬ中をを子育てに大忙しの燕が飛び交っている。

 

花岡山中腹から見た日の出(私のカメラの時刻では午前5時38分)

 熊本県の日の出は午前5時11分    ※画像クリックで拡大

日の出

 

中岳の噴煙 

左手の山が何という山なのか分からない。 

 

帰り路は久々に極楽坂を下ることにした。坂の上から見降ろすと転げ落ちそうな錯覚に陥る。

そろりそろりと下っている脇を軽快に駆け抜けていくご仁もいる。

 例年5月末には咲き終わっているホタルブクロの花はさすがに見られないだろうと

思っていたのだが、最後の1本がちゃんと待っていてくれた。 

ホタルブクロ キキョウ科

ホタルブクロ

 

ネムノキ マメ科

2週間ほど前から咲き始めていて、こちらも気息奄々といった感じ。

ネムノキ

花岡山に、平成最後の春を謳う

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 08:50

肥後の國の春は短い。ブログネタを拾い集めてウロウロしている間に

桜は散り、樟の若葉が目に眩しくなっている。

 

メジロ こんな風に囀る姿を見たのは初めてだ。

大抵は梅や椿とセットになって気忙しく動き回っている図柄ばかりで。

平成の春に別れを告げているのだろうか、「長兵衛、忠兵衛、長忠兵衛

ちょうべえ、ちゅうべえ、ちょうちゅうべえ」と一際にぎやかだ。

メジロ

 

ナワシロイチゴ(苗代苺)バラ科

毎年どうでもこうでも必ず登場してもらうのがこの花。何回見ても飽きません。

花の後の赤い実がまたまた私好み。鳥たちもこの苺が大好きだ。

ナワシロイチゴ

 

ノイバラ(野茨)バラ科と ホソヒラタアブ

ヒラタアブ

 

ピンクのノイバラ

ノイバラ

 

アカガネサルハムシ(赤銅猿金花虫) 

成虫はブドウやエビヅルの葉を害し幼虫は地中で根を害する悪い奴らしい。

タマムシに負けない美しい姿をした虫だがどう評価したものか。

私的には、美しかろうが害を及ぼそうが天の配剤によるものだから文句は言えない。

しかもちゃんとノブドウの葉の上にいるし。色々居て面白い・・。

4アカガネサルハムシ

 

クサイチゴ(草苺)バラ科   食べ頃まであと一息。

5クサイチゴ


シナアブラギリ(支那油桐)トウダイグサ科 中国原産

栽培されていたものが山野に野化している。

(種を絞って採った油を桐油として提灯や和紙に浸みこませ、防水用に用いたほか

塗料や印刷用の油として用いるため栽培されていた。)

6

 

ツボスミレ(坪菫)

スミレの中で咲きだすのが一番遅いようにおもう。

花岡山からの戻り道でひっそり細々ながらも20輪くらい咲いているのを見付けた。

嬉しかった。平成の終わりを飾ってくれてありがとう。

6ツボスミレ1

 

6ツボスミレ

 

6ツボスミレ

 

ハハコグサ(母子草)キク科

8ハハコグサ

 

ヤマフジ(山藤)マメ科 

そう、これの登場は、もう初夏なのだ。

令和の幕開けが迫っている。

9ヤマフジ

花岡山の四月

  • 2019.04.22 Monday
  • 14:20

熊本地震から3年が過ぎ花岡山への車道もいつも通りの道に戻ってきた。

道路脇に咲く花たちもいつも通り、何事もなかったようにちゃんと春の装いを

見せてくれている。

 

ホウチャクソウ(宝鏑草)イヌサフラン科

花岡山ほどの小さな山でも頂上付近と100m下ではどんな花でも

開花時期に3日以上のズレがある。

 日当りのいい斜面と日陰道ではさらに3〜4日の違いがあるので

私のようなきまぐれ観察者にはその日の出会いにスリルがあって倍楽しめる。

ホウチャクソウ

 

ノジスミレ 

スミレの右方向のコンクリートの隙間に蟻の巣があるらしい。

最近読んだ「したたかな植物たち」(多田多恵子著)によるとスミレの種には

白くこんもりした塊(脂肪酸)がついていてこれが蟻の大好物なので蟻は種を

巣に運びこみ甘い塊を齧りとった後は柔らかい土に放置する。

 コンクリートや石垣のの隙間によくスミレが芽を出すのは蟻が種を

運んだからなのだそうだ。そう、あるある、こんなところにスミレが・・??というのが。

 ※「したたかな植物たち」この本は実に面白かった。もっと若い時に出会いたかった。

ノジスミレ

 

ショカツサイ(諸葛采)アブラナ科 中国原産、江戸時代に鑑賞用として渡来。

大アラセイトウ

 

タツナミソウ(立浪草)

一挙に咲きだした。北斎に勝ってる・・・と思う。

タツナミソウ

 

タツナミソウ2

 

マルバウツギ(丸葉空木)ユキノシタ科

まるばうつぎ

 

ノイバラ(野茨)バラ科

noibara

 

ハクサンボク(白山木)

花は白い金平糖を寄せ集めたように愛らしい。秋にはこれまた格別愛らしい

真っ赤な実をつける。秋になったらご紹介したい。

ハクサンボク

 

キランソウ(金瘡草)シソ科

別名ジゴクノカマノフタといわれているように地面に張り付いて咲いているのだが

ここの株は周りに生えているカキドオシに日差しを遮られて上へ上へ伸びた

ものらしい、これでは地獄の罪人たちがぞろぞろ出てきてしまうではないか。 

キランソウ

花岡山春爛漫

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 08:00

4月9日 

まだ三寒四温の寒が居座っている気がするけれど花岡山の春は

花たちが日替わりで変化するので目が離せない。

今日のお目当ては先ずタツナミソウ、立浪姿が見られるか。

 

八重桜、普通の桜ソメイヨシノ、菜の花もあって。いい眺め。

八重桜

 

タツナミソウ(立浪草)シソ科

毎年群生が見られる場所の少し手前、上りの右斜面で。

今朝咲いたのだろうか。お〜〜〜〜美しい〜〜〜。

タツナミソウ

 

tatunamisou

 

ナミアゲハ 

カラスノエンドウの花の上を行ったり来たり。

ナミアゲハ

 

ミツカドネギ ヒガンバナ科ネギ属 地中海沿岸原産 帰化植物

ミツカドネギ

 

ホウチャクソウ(宝鐸草)イヌサフラン科

北岡自然公園北口石塀上で咲きだした。

4,5日後には招魂社近くの空き地に咲くのが見られるだろう、楽しみ。♡♡

ホウチャクソウ

息も絶え絶えツクシスミレ

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 16:50

4月8日 

朝の気温が12℃と暖かい。ツクシスミレが咲きだす頃かとご城下散歩に出かけた。

 

イソヒヨドリ

2,3週間前から夜明けまで待てないとばかりに囀り始めているイソヒヨドリの

声が聞こえるようになった。

お城へ向かう道マンション屋上で。

イソヒヨドリ

 

ツボスミレ(坪菫)スミレ科

常陸の國でツボスミレは群生しているのが普通だったので

肥後の國に来て、このツボスミレを見たのが上江津湖芭蕉園あたりでの

4,5株だけだったのが寂しく感じられた。

 ご城下ではこの場所だけだ。今年は2株のみ。

白くてとても小さい花なので気付かれにくく、この花の何とも言えない

個性的な姿形が見過ごされるのが残念でならない。

ニョイスミレ

 

ツクシスミレ(筑紫菫)スミレ科

ツボスミレに負けず劣らず小さな可憐な菫。

ツクシスミレ

地震後に一挙に減ってしまったが、今年もなんとか生き残った数株が咲いてくれた。

その貴重な残り数株の一部を持ち去った輩がいる!  許さん!!!

スミレを返せ

 

シャク(杓)セリ科シャク属

セントウソウを拡大したような花。

シャク

開花準備中 花岡山

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 14:20

今日も花冷え、桜はしっかり満開状態を保っている。

おかしなもので冷えるというより寒い状態では花見の気分にはならない。

暖かい・・というのは生きていくのに大事なことなんだなぁと思う。

花岡山頂上付近で開花を待っているタツナミソウやマルバウツギの

様子を見てこよう。

 

マムシグサ(蝮草)サトイモ科  雌雄異株

  地獄坂100段くらい上がったところで、今年もマムシグサの花を見た。

マムシグサは地下茎に栄養を蓄える多年草。

種から発芽したマムシグサは一定の太さになるまで何年間かは葉だけで花をつけず

ある程度塊茎が大きくなると先ず雄花がつき、さらに数年がたって

塊茎が充分に栄養を溜め込んだ後に雌花を付けるのだという。

マムシグサ花

 

招魂社脇から階段を上がり鳥居をくぐると金色に光るひと群れが目に入る。

ウマノアシガタ(馬の脚形)キンポウゲ科

ウマノアシガタ

 

更に進んで階段を上がり続ける。と、目の前にひらひらと蝶が止まった。

ヒメアカタテハほどの大きさだが色がくすんでいる。これは!日ごろ出会いたいと

願っていた蝶、テングチョウかな?かな? 初めましてどうぞよろしく。

テングチョウ

テングチョウ

 

マルバウツギ(丸葉空木)ユキノシタ科

まだ蕾が固い、この寒さは続きそうだからまた会いに来るね。

マルバウツギ

 

タツナミソウ(立浪草)シソ科 

蕾の状態では花の形は見えてこないが茎や葉の毛深さで

わかる。花が付いて居るのはここの一群れだけらしい。

立浪になるのはまだもう少し先かな。

タツナミソウ

 

タネツケバナ(種浸け花)アブラナ科

タネツケバナは水辺に多いそうだ。上から流れてくる

湧き水でいつも湿っている道路際で。

後ろに見える三つ葉も摘んで帰りたいように瑞々しいの

だけれど、もしやして通りすがりのわんこのナニが

掛かっているやも知れず・・・・・。

タネツケバナ

北岡自然公園まだ閉園中

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 07:30

北岡自然公園正門入り口の石橋はきれいに補修されたが

まだまだ中に入れそうにない。園内の桜は満開のようだった。

 

イロハモミジ(以呂波紅葉)ムクロジ科カエデ属

イロハモミジ

 

メジロ

メジロ1

メジロ2

 

シジュウカラ

sijuukara

 

シロハラ    公園内には倒れた塀の屋根瓦が積まれたままになってている

シロハラ

 

アリアケスミレ(有明菫)スミレ科

北岡自然公園南端の道路際空地で、もう5,6年見てきているが一株だけ

同じ場所に、きっちり咲いている。人が踏み込まない場所なのでうまく

生き延びてきているのだろう。増えてくれればというのは贅沢なお願いか。

アリアケスミレ

 

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)キク科

在来のニホンタンポポとセイヨウタンポポの違いを見分けるのは

花の下の花を包んでいる緑色の部分(総苞片)だ。

ここが反り返っているのがセイヨウタンポポ。

セイヨウタンポポ

・・・とすると、反り返っていない↓のがニホンタンポポのはずなのだが・・・。

 

すぐ隣にあったこれはニホンタンポポとセイヨウタンポポの雑種なのだろうか。

ニホンタンポポ

 

今日のおまけ・六兵衛や!! 

rokubee

花冷えの法華坂あたり

  • 2019.04.01 Monday
  • 16:00

昨日今日、朝も昼も日差しがあるのに冷え込んで、まさしく「花冷え」だ。

花見しながら歩こうかと外へ出たが、寒い!慌てて戻ってジャケットの下に

もう一枚着込んで出直す。

 

チハラザクラ

古城堀端公園(ふるしろほりばたこうえん)で。

公園を彩っているソメイヨシノの桜色を一層引きたてようとの意図があるのか

薄緑に純白な花びらの重なりがドン!と視線を引き寄せている。

チハラザクラ

 

法華坂は今が見頃

法華坂

 

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)シソ科  清爽園で
法華坂を上がり野鳥園方向へ曲がる道の右下窪地にこの花が一大群落を作っていたが

今年はその窪地全面に砂利が敷かれ石置き場になっていた。

何しろ大きな地震があったからねー。

サギゴケ

 

シロバナタンポポ(白花蒲公英)キク科 

シロバナタンポポ

 

ベニシジミ

ベニシジミ

 

キランソウ(金瘡小草)シソ科

咲き始めたばかりなので色も淡く「ジゴクノカマノフタ」と呼ばれるほどに広がっていない。

足を留めて、ひざまずいて丁寧に撮った。

キランソウ

 

シロバナノジスミレ (白花野地菫)スミレ科

藤崎台野球場駐車場で、紫色のノジスミレが広がる中でたった一株だけ咲いていた。

地震前までは5,6株は有ったのだけれど・・。ああもう愚痴は云うまい。

シロバナノジスミレ

ご城下新町、足元の春

  • 2019.03.31 Sunday
  • 11:00

3月29日

花岡山の頂あたりが桜色に染まりだした。

頂上付近が春の花で賑わうのはまだ少し先。

それまで、新町電停あたりからの足元の春を探して歩こう。

 

アメリカフウロ (亜米利加風露草)フウロソウ科

            北アメリカ原産帰化植物

ちょっとした空き地の隅の可愛げのない雑草として見過ごしてしまうのは勿体ない。

花の色や形は愛らしいし、四季を問わずの葉の紅葉はデザイン的にも洋風でいい。

1アメリカフウロ

 

ハルジオン(春紫苑)キク科 北アメリカ原産帰化植物。

ハルジオン

 

ヒメジョオン(姫女苑)キク科 帰化植物、明治維新頃到来。

↑のハルジオンと見分けが付きにくい。

ハルジオンの蕾は重たげに首うなだれているが

ヒメジョオンはすっくと伸びている。

ヒメジョオン

 

キツネアザミ(狐薊)キク科

マンション立ち並ぶあたりの空き地にこんな野の花が咲いていようとは

思いもしなかった。考えて見ればこの辺りもご城下なのだ。

驚くには当たらない。

2キツネアザミ

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM